小顔 バッカルファット・ホホ脂肪吸引

小顔

埋没法(瞼板上端固定法)

1.バッカルファット

頬の脂肪には、浅い層にあるもの(皮下脂肪)と深い層にあるもの(バッカルファット)があります。
浅い層にある脂肪は、脂肪吸引や脂肪溶解注射で量を減らすことが出来ます。

一方、深い層にある脂肪(バッカルファット)とは、頬の上の上部にある脂肪のかたまりで、
頬脂肪体とも呼ばれています。
若年期は頬の高い位置にありますが、
加齢と共に下垂してくると下ふくれ顔、ブルドック顔、たるみや法令線の原因となります。

バッカルファット術は、口腔内から切開しバッカルファットを除去する手術です。
バッカルファットの除去により物理的に小顔となり、
またバッカルファットの重みでたるんでいた頬が引き上げられ、
たるみや法令線の解消にも効果があります。

若返りと小顔効果を一度に実現でき、将来のたるみ予防にもなるバッカルファット術。

希望される年齢は幅広いのですが、若い内にやっておけば老化予防効果も高くなるので
できるだけ早い時期に施術されるのがお勧めです。

2.手術方法

手術は口の内側を1~2㎝程度切開し、バッカルファットを引き出して切除します。
切開創は吸収糸を使用し縫合しますので、抜糸の必要はありません。

3.注意事項

手術時間 30分~1時間
麻酔 静脈麻酔・局所麻酔
通院 2週間後
メイク 当日より可
洗顔 当日より可
シャワー 翌日より可
その他 手術をご希望のお客様は、事前の血液検査が必要となります。

手術前日の夕食(21時以降)以降は絶食になります。
手術当日は朝食を食べずにお越し下さい。

手術当日は、静脈麻酔の為しばらく休んでからの帰宅となります。
帰宅時は、必ず交通機関か送迎でお願いします。
※手術当日の運転は控えて下さい。

食後はうがい薬で口の中を洗浄して下さい。
歯磨きは傷に歯ブラシをあてないようにご注意下さい。

手術後は、腫れ・痛み・皮下出血が出現します。個人差はありますが

1~2週間程度で症状は改善されます。

仕上がりは1ヶ月が目安となります。

電話相談・予約は 0564-65-0561

 

ホホ脂肪吸引

1.頬 脂肪吸引

“二重あごを改善したい”
“引き締まった小顔になりたい”


顔周りはダイエットでは脂肪が落ちにくい箇所でもあります。
頬やあご下周囲に脂肪がついてしまい顔が大きく見える場合には、脂肪吸引が効果的です。



2.手術方法

脂肪吸引する部位をデザインし、局所麻酔を行います。
耳の裏側を5mm程度切開し専用の細い管を挿入していきます。
そこから脂肪吸引する頬・あごの全体の皮膚の下の脂肪層の中に麻酔液を注入します。
この麻酔液は生理食塩水・止血薬などを加えたもので、
この麻酔液を大量に脂肪層全体に行き渡らせて脂肪吸引することにより、
手術後の痛みと腫れが軽減されます。麻酔液を注入後は、専用の吸引管を使用し吸引していきます。

切開創を縫合し終了となります。

3.注意事項

手術時間 1時間
麻酔 静脈麻酔・局所麻酔
通院 7日目
メイク 当日より可
洗顔 当日より可
シャワー 翌日より可
その他 手術をご希望のお客様は、事前の血液検査が必要となります。

手術前日の夕食(21時以降)以降は絶食になります。
手術当日は朝食を食べずにお越し下さい。

手術当日は、静脈麻酔の為しばらく休んでからの帰宅となります。
帰宅時は、必ず交通機関か送迎でお願いします。
※手術当日の運転は控えて下さい。

食後はうがい薬で口の中を洗浄して下さい。
歯磨きは傷に歯ブラシをあてないようにご注意下さい。

手術後は、腫れ・痛み・皮下出血が出現します。個人差はありますが

1~2週間程度で症状は改善されます。

仕上がりは1ヶ月が目安となります。
バッカルファット 料金
バッカルファット+あご脂肪吸引 料金

電話相談・予約は 0564-65-0561